Amazonボードゲーム売れ筋ランキングTOP100をチェック>>

【ボドゲレビュー】「街コロ通」新たな施設にランドマーク!あなただけの街を作ろう!

こんにちは。replay gamesのリプ(ReplayGames_rep)です!

今回は、「グランディング株式会社」から発売されている、コインを手に入れ施設を増やして自分だけの街を完成させるボードゲーム、「街コロ通」を紹介したいと思います!

このゲームは、前作の「街コロ」の姉妹品という立ち位置になっていて、「街コロ」や「街コロプラス」「街コロシャープ」といったゲームと一緒に遊ぶことはできませんが、「街コロ」に慣れてきた”通”の方にも楽しんでもらえるような作品になっています。

前作が気になる方はこちらからどうぞ!

それではさっそくレビューに移りたいと思います!

商品名街コロ通
対象年齢10才〜
プレイ人数2〜5人
プレイ時間45分程度
販売元グランディング株式会社
作者菅沼 正夫
アートワーク堀田 昇
小田原 優
国内販売年2020年
目次

「街コロ通」ってどんなゲーム

「街コロ通」では、前作と同様に企業のオーナーとなって、コンビニやカフェといった施設を経営していき、最終的にランドマークを3軒建設したプレイヤーの勝利になります!

前作との変更点として、建設できる施設やランドマークがランダムに並んだ中から選ぶようになっていて、ランドマークの種類や効果も増えているので、戦略性も増しています!

他にも、ダイスを振る数を選べたり初期施設を自分で選択できるので、より自由な街づくりを楽しみましょう!

「街コロ通」の内容物

・カード 106枚
 ーランドマーク 20枚
 ー施設 86枚
・コイン 80枚
 ー1コイン 60枚
 ー5コイン 10枚
 ー10 コイン 10枚
・ダイス 2個
・リファレンスシート 5枚

施設/ランドマークカード

あなたの街に立てる事ができる、施設やランドマークです!

施設を立てる事でダイスを振った時、でた目に対応した施設を持っていればコインを受けとれます!

ランドマークはそれぞれ固有の効果を持っているので、状況に合わせて建設していくと良いかもしれません!

コイン/サイコロ

施設で収入を得るともらえるコインです!

新しく施設やランドマークを建設するのに使うので、よく考えて使いましょう!

リファレンスシート

ゲームの流れや、施設で得られるコインを確認する事ができます。

サイコロので目の確率まで記載されているので、施設を建設する際に参考にしましょう1

「街コロ通」の遊び方

準備

STEP
カードの準備

カードの裏面を確認して、「ランドマーク」「1〜6施設」「7〜12施設」の3種類に分けて山札にします!

3つの山札を縦一列に並べて、それぞれの山札の隣にカードをサプライ置き場に並べていきます。

並べる際には以下条件にそって並べます。

A.同じ名前のカードは重ねる。

B.カードが5種類になったら、その山札のサプライは準備完了です。

以上のルールを守り、3つの山札のサプライを準備します。

STEP
コインの準備

各プレイヤーに5コインを配り、残りのコインを1つにまとめておきます。

コインをまとめている場所を「銀行」と呼び、施設からコインを得る時や、施設を建設する前にコインが全くない時には「銀行」からコインを獲得します。

STEP
スタートプレイヤーの決定

ジャンケン等の適当な方法でスタートプレイヤーを決定します。

ゲームはスタートプレイヤーから時計回りに進んでいきます!

STEP
初期施設の建設

各プレイヤーは最初に持っている5コインを使って初期施設を建設する事ができます。

施設の建設はスタートプレイヤーから時計回りに行っていき、1度の手番で1軒、施設に書かれている建設費を支払って建設する事ができます!

もしも、サプライからカードをとって、サプライのカードが4種類以下になったら、山札からカードを5種類になるように引いていきます。

建設を行ったら手番が変わり、全部で3回自分の番が回ってきたら初期施設の建設を終了します。

もしコインが足りずに施設を建設できない場合は、何も建設できなくなるのでよく考えて建設していきましょう!

これで、ゲームの準備は完了です。

ゲームの流れ

STEP
ダイスを振る

自分の手番がきたプレイヤーは、最初にダイスを振ります。

ダイスを振る数は、自分の手番の度に2つか1つか選択する事ができます!

ダイスを2つ振る場合は、2つの合計した数がでた目になります!

STEP
施設の効果処理

プレイヤーの振ったダイスの目に対応している、施設を持っているプレイヤーは、その施設に記載されている数のコインを受け取る事ができます。

カードの効果を処理する順番は、カードのフチの色が「赤色」>「青色」>「緑色」>「紫色」の順番に行っていきます。

他のプレイヤーにコインを支払う際に、コインが足りなくなってしまう時は、持っているコインをすべて渡して残りは免除してもらいます。

もしもコインを複数のプレイヤーに払う場合は、逆時計回りの順番でコインを支払っていきます。

STEP
施設/ランドマークの建設

施設の建設前に、手持ちのコインが1枚もない場合は、「銀行」から1コインを受け取ります!

プレイヤーは1度の手番に1軒の施設かランドマークを、サプライ置き場から選んで建設する事ができます。

カードに書かれている、コインの枚数を支払う事で建設できます。

自分がすでに建設している施設と同名の施設でも、何度でも建設できます。

ランドマークを建設する際に支払うコインは、すでに自分が建設しているランドマークの数に応じて変化します!

支払うコインは以下のように変わります。

建設したランドマークの数0軒1軒2軒
支払うコイン左端のコイン真ん中のコイン右端のコイン

施設かランドマークを建設した際にサプライの種類が4種類以下になった場合、5種類になるように山札から引いて補充しましょう!

施設の建設が終わって、勝利条件を満たしていない場合は、次のプレイヤーの手番に移ります。

STEP
ゲームの終了

3軒目のランドマークを建設する事ができたらゲームは終了して、そのプレイヤーの勝利となります。

「街コロ通」のレビュー

今回は、「街コロ通」をレビューさせていただきました!

今作では、建設したいランドマークを自分で選択する事ができるようになったので、より自分だけの街を作っていく事ができます!

ゲームの内容も、建設できる施設がランダムになったり、ランドマークに固有の効果が付いたり、ダイスを振る数が選べたりと、前作よりも自由に楽しむ事ができます!

前作の「街コロ」とは違った面白さがあるので、「街コロ」に遊び慣れた”通”な方や、もちろん初めて「街コロ」シリーズで遊ぶと言う方でも盛り上がれると思うので、是非1度遊んでみてください!

以上、お読みいただきありがとうございました!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる