Amazonボードゲーム売れ筋ランキングTOP100をチェック>>

【ボドゲレビュー】「ミリメモリー」身近な物の大きさ、思い出せますか?

こんにちは。replay gamesのリプ(ReplayGames_rep)です!

今回は「Arclight Games」から発売されている、物の大きさを思い出して予想する「ミリメモリー」を紹介したいと思います!

「1円玉」や「単三電池」など身近にある物の大きさを皆さんはどの程度把握していますか?

今回紹介する「ミリメモリー」は、そんな物の大きさを予想して正解の大きさとの誤差を競うゲームです!

またこのゲームは2022年「アークライト・ゲーム大賞」の最優秀賞受賞作品にも選ばれています!

それではさっそくレビューに移りたいと思います!

バトンストア 楽天市場店
¥2,420 (2024/06/24 07:00時点 | 楽天市場調べ)
商品名ミリメモリー
対象年齢6才〜
プレイ人数1〜6人
プレイ時間10分程度
販売元Arclight Games
作者とどのつまり ののよう
アートワーク嶋田 美咲
国内販売年2023年
目次

「ミリメモリー」ってどんなゲーム?

お題のモノの長さを思い出し・・・

手元のカードで長さを予想しよう!

「ミリメモリー」より

ミリメモリー」はお題の物の長さをカードを使って予想します。

予想と正解の誤差が少なけれもらえる得点を集めていき、他のプレイヤーよりも先に10点を目指すゲームです!

STEP
お題カードをめくる

各プレイヤーは予想カードと予想スリーブを受け取ります。

お題カードをまとめてデッキを作り、一番上のカードをめくります。

そのカードが今回大きさを予想するお題になります。

STEP
大きさの予想

各プレイヤーは今回のお題の物の大きさを予想して、正解だと思う大きさ分予想スリーブから予想カードを引っ張り出します。

STEP
正解発表

お題カードを裏返して正解の大きさを確認します。

各プレイヤーは自分の予想カードの長さと正解の長さを見比べて、表記に応じた数分の得点を獲得します。

上の画像の場合は予想カードがオレンジのラインに入っているので1点獲得することができます。

得点ボードにある自分のコマを獲得した得点分進めていきます。

10点を獲得したプレイヤーが現れたらゲームは終了し、まだ誰も10点を獲得していなければ次のお題カードをめくります。

「ミリメモリー」の内容物

内容物

・問題カード:70枚

・予想カード/スリーブ:6色×6枚

・得点ボード:1セット

・得点コマ:6個

問題カード

大きさを予想していく「お題カード」です。

「1円玉の直径」など比較的想像しやすいものから「将棋盤の1マスの縦幅」など普段目にしないものまでバライティ豊かに揃っています。

裏面は正解の大きさと獲得できる特典と場所が書かれています。

予想カード/スリーブ

物の大きさを予想するのに使う「予想カード」と「予想スリーブ」です。

スリーブの中にカードを入れて使い、予想した長さ分カードを引き抜いて使います。

得点ボード

得点ボードは2枚1セットになっているので、実際に遊ぶときはつなげて使います。

「ミリメモリー」のレビュー

今回は「ミリメモリー」をレビューさせていただきました!

思い出せそうで思い出せない物の大きさをみんなで予想し合うゲームですが、これが意外と盛り上がります!

普段よく見るはずのお金の大きさや「8センチ」の大きさなどですら、「あれ?」「これだと小さい?」と不安になっていきます!

ルールは簡単で対象年齢も6才以上からとなっていますが、お題の中には「カセットテープ」の横幅や「MDの横幅」など、最近では見かけないようなものなども含まれているので、みんながわかるお題で遊ぶと良いかもしれません!

以上お読みいただきありがとうございました!

バトンストア 楽天市場店
¥2,420 (2024/06/24 07:00時点 | 楽天市場調べ)
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次