Amazonボードゲーム売れ筋ランキングTOP100をチェック>>

【ボドゲレビュー】『ito(イト)』数字の大きさを言葉で例えろ!相手との価値観のズレで盛り上がる

こんにちは。ReplayGamesのレイ(@Replaygames_lay)です。

今回は、株式会社アークライトから販売されています『ito(イト)』を紹介します。

このボードゲームは、1〜100までの数字のカードが配られ、テーマに沿って自分の数字が何かを表現します。そのあと数字を小さい順に出していくシンプルなルールです。

でも、このゲームめちゃくちゃ難しいです。
例えばテーマが「食べ物のカロリー」だったとして、自分が50の数字をおにぎりで表現したとしても、相手によっておにぎりは、30だったり70だったりと価値観が違います。

そのズレをいかに会話をして合わせていくかが楽しいゲームにもなっています。
友達と遊ぶとゲーム中の会話や終わった後でも盛り上がること間違いなしです。

アークライト(Arclight)
¥1,673 (2022/08/09 14:30時点 | Amazon調べ)
商品名ito(イト)
プレイ人数2〜10人
プレイ時間約30分
対象年齢8歳から
ジャンル表現力・想像力
ゲームデザイン326(ナカムラミツル)
発売時期2019年
販売元アークライト
目次

ito(イト)ってどんなボードゲーム?

『ito(イト)』は、配られた数字がどのくらいの位置にいるかを表現して、他のプレイヤーの数字を予測して遊ぶ協力型のカードゲームです。

このボードゲームには2種類のルールがあり、完全協力の会話ゲーム「クモノイト」、もう1つが協力と裏切りの会話ゲーム「アカイイト」があります。

どちらのゲームもテーマに沿って自分の数字の大きさを言葉で表現しなくてはなりません。

でも、みんながみんな数字の大きさとイメージが違うから凄く難しいです。
みんなの数字と表現のズレを知って笑い、更にそれについて会話が盛り上がるボードゲームになってます。

アークライト(Arclight)
¥1,673 (2022/08/09 14:30時点 | Amazon調べ)

ito(イト)の内容物

  • ナンバーカード 100枚
  • テーマカード 50枚
  • ライフカード 2枚
  • クモノシート 1枚
  • 遊び方説明書 2枚

326さんのイラストがナンバーカード1枚1枚に描かれていてとっても可愛く魅力的です。

ito(イト)の「クモノイト」の遊び方

最初は「クモノイト」の遊び方から紹介していきます。

ゲームの準備

画像は4人プレイの準備の例です。

  1. 「ナンバーカード」をよく混ぜ、裏向きの山札とします。
  2. その山札から各人に1枚ずつ手札を配ります。手札の表は自分だけが確認できます。
  3. 「テーマカード」をよく混ぜ、裏向きの山札とします。
  4. 「ライフカード」をライフ3の面が上になるように重ねて置きます。
    ライフは全員で共有します。
  5. 箱のフタに「クモノシート」をセットし、カードを出す「場」とします。

テーマの決定

テーマカードを2枚くらい引き、その中から全員がうまく話せそうなテーマを相談して一つ選びます。

それが今回の会話テーマになります。

ゲームに慣れたら自由にテーマ決めて遊ぼう

手札の宣言

テーマが決まったら各自、自分の手札の数字の大きさを「言葉」で宣言します。
順番はないので思いついた人からどんどん言っていこう!

ただし数字をそのまま口にするとゲームオーバーなので注意

表現はより具体的な方が会話が盛り上がり面白くなるのでおすすめです。
「めちゃくちゃ筋トレをしたゴリラ」「使い古されたボロボロの雑巾」など名詞に補足を入れていこう。

表現は何回も変更してOKです。

フリートーク+カードを出す

みんなで話し合いを行い数字を小さいものから順番に出していきます。

フリートーク中、誰でも好きなタイミングで手札を場に出すことができます。
このときでも表現を何度でも変更できます。

もし失敗してしまったら!

もし自分より大きな数のカードが場に出たら、即座に「ストップ!」と言ってゲームを一時停止してください。

その後、出せなかったカードをすべてオモテ向きで場の脇によけ、よけたカードの枚数と同じだけライフを減らします。

上記の処理が終わったらゲームを再開します。

ライフが0になったらゲームオーバーになります。

ステージクリア

全員の手札が0枚になり、まだライフが残っていればステージクリアです。
次のステージに挑みます。

今回クリアしたのが3rdステージだったら、ゲームクリアになります。

次ステージの準備

  1. ステージクリアボーナスとして、ライフを1回復します。
    ただしライフは3が上限で、4以上になりません。
    2人プレイではライフの回復は行いません。
  2. ナンバーカードをすべて集め、山札を作り直します。
  3. 2から手札を配り直します。
    配る枚数はステージがす数ごとに1枚増やします。
    (2ndステージは2枚、3rdステージは3枚)

    準備が終わったら、新しいステージの「テーマの決定」に進みます。
  4. ももちゃん発見(3rdステージのみ)
    ナンバーカードの山札から1枚引き、表向きで場の脇に置きます。
    3rdステージでは「手札の宣言」のときに、このカードをみんなで話し合って基準を作ります。

ゲームの終了

3rdステージをクリアしたら、脱出成功で全員勝ち!

ライフが0になったら脱出失敗で全員敗けとなります。

アークライト(Arclight)
¥1,673 (2022/08/09 14:30時点 | Amazon調べ)

ito(イト)の「アカイイト」の遊び方

次に「アカイイト」の遊び方を紹介します。

「クモノイト」を遊びなれてから遊んでください。

ゲームの準備

画像は9人プレイの準備の例です。

  1. 「ナンバーカード」をよく混ぜ、裏向きの山札にします。
  2. その山札から各人に1枚ずつ手札を配ります。手札のオモテは自分だけが確認できます。
  3. 「テーマカード」をよく混ぜ、裏向きの山札とします
  4. スタートプレイヤーを適当に決めます。

テーマを決定

「アカイイト」の手札は必ず1枚です。ライフは使いません。
「クモノイト」と同じくテーマカードを使って今回の会話テーマを決めます。

手札の宣言

「クモノイト」と同じく、自分のカードのナンバーを口にすると即ゲームオーバーです。
テーマに沿って表現してください。ここでの会話が重要になります。

運命の相手を探そう

会話の中で「運命の相手」を探します。運命の相手とは「2人のナンバーを足して100になる相手」です。

運命の相手がいないと思ったら、「足して100を超えず、より100に近い相手」を探します。
100を超えるとアウトなので注意してね。

会話の中で良い相手を見つけたら、ペアになるか誘いましょう!
相手が同意すればペア成立です。その2人は手札を伏せてください。

2人は以後も会話できますがペアを解消することはできません。

プレイ人数が奇数の場合は1人余りますが、手番順はなく早い者勝ちなので、あぶれないように頑張りましょう。

各ペアの数字発表

可能な限りペアを作ったら、結果発表に移ります。ペアが組めなかった人と、最後に組んだペアから順にカードを公開し、全員が公開されたら得点計算します。

100に一番近いペア

全員に2ポイント

2番目に100に近いペア

全員に1ポイント

3番目以降のペア、100を超えたペア、そもそもペアになれなかった人

全員0ポイント

各人の得点はテーマカードの裏の数字で示します。
ポイントを獲得したら、テーマカードの山札から自分と同じ数字のカードを抜き取り手元に置きます。

100のペテン師

この「100のカード」のみ特殊効果になります。100を引いた人は誰でも良いので誰かとペアになれれば、結果発表の際に自分にのみ1ポイントが入ります。

ペアの相手は絶対に100を超えるので0ポイントになります。

なので100を引いた際は他の人の宣言を聞いてペアになってもらえそうな表現をしましょう。
せっかくの100を引いてもペアを作れなければ0ポイントになります。

嘘も戦術

例えば自分が「99」などのペアが作りにくい数字を引いた場合、現在トップの人に合わせた嘘の宣言でペアになり道連れにしちゃいましょう。

ただし、次のラウンドから信用を失うので程々にしておきましょう。

ゲームの終了

得点発表までを1つのラウンドとし、ラウンドを繰り返します。
合計5ポイント以上になった人はボードに乗り込んだことになり、脱出する権利を手にして次の人が乗り込んでくるのを待ちます。

以降その人は手札は配られませんが会話に参加することができます。

2人目がボートに乗り込んだ瞬間、乗っていた2人が脱出成功で勝ちです。もし同時に複数人が5ポイント以上になり、合計3人以上がボートに乗った場合、乗っていた全員が勝ちとなります。

またはペアで合計が「100」ピッタリのペアができた場合、即座にその2人の勝ちになります。
複数できたらその全員が勝ちになります。

もし先にボートに1人乗っていた場合、その人はボートから蹴落とされ、勝ちになりません。

アークライト(Arclight)
¥1,673 (2022/08/09 14:30時点 | Amazon調べ)

ito(イト)のレビュー

今回は、『ito(イト)』をご紹介しました。

僕自身が実際に遊んだ際は、みんなテーマにそって自分の数字を上手い具合に表現していました。その時も自分の数字と実際どのくらい差があるのか考えながら会話をするのが楽しかったです。

また実際にカードを場に出した際も、「え!その表現でその数字かよ」「小さすぎだわ」「そんなに大きかったんかい」と終始ワイワイとしてました。

また数字の差が1とかしかないのにうまく場に出したときの、「こいつと通じ合ってるぜ!」みたいな一体感がとっても心地よかったです。本当にみんなで話し合ってクリアを目指してクリアできた時の盛り上がりはやはり協力ゲームならではのものだと思います。

『ito(イト)』の遊び方には2つあり、もう一つのルールの「アカイイト」は人数が多くないと遊べないのと、「クモノイト」を遊びなれてから遊んだほうが良いと思いました。

また奇数になるとあぶれたりして、ペアができなかったりと悲しい状況になることが多く見ている側でもちょっといい気持ちになれなかったのであまり好きになれませんでしたが、ゲーム性は良いと思います。人狼とかそういう騙し合うゲームが好きな人は面白いかと思います。

「クモノイト」は終始ワイワイでき、常に会話ができ相手の価値観などもしれるので、初対面から仲いい友達まで幅広く遊べるとても楽しいゲームになっていますので『ito(イト)』よかったら遊んでみてください。

ここまでお読みいただきありがとうございました。

アークライト(Arclight)
¥1,673 (2022/08/09 14:30時点 | Amazon調べ)
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次