Amazonボードゲーム売れ筋ランキングTOP100をチェック>>

【ボドゲレビュー】「ハゲタカのえじき」タイミングを見極めてハゲタカカードを奪い合え!

こんにちは。replay gamesのリプ(ReplayGames_rep)です!

今回は、現在「メビウスゲームズ」から発売されているドイツのゲーム大賞にもノミネートされたことのある、ドイツのボードゲーム「ハゲタカのえじき」を紹介していきます。

このゲームは手札の数字カードを使いながら、場に出ているハゲタカカードを競り落としていくのですが、他のプレイヤーとバッティングしてしまうと次に大きな数字を出したプレイヤーにハゲタカを奪われてしまいます!

他のプレイヤーとバッティングしないように気をつけながら、ハゲタカカードを集めていきましょう!

それではさっそくレビューにうつりたいと思います。

メビウスゲームズ
¥1,730 (2024/04/16 21:38時点 | Amazon調べ)

商品名ハゲタカのえじき
対象年齢7才〜
プレイ人数2〜6人
プレイ時間15分程度
販売元メビウスゲームズ
作者アレックス・ランドルフ
コンポートデザイン四丁目ファクトリー
国内販売年2011年

目次

「ハゲタカのえじき」ってどんなゲーム

このゲームは手札の数字カードを使い、ハゲタカカードを競り落としていていきます。

ハゲタカカードにはプラス点とマイナス点の2つが存在するので、マイナスを避けつつより多くのハゲタカを集めましょう。

「ハゲタカのえじき」の内容物

内容物

・数字カード:90枚

・ハゲタカカード:15枚

数字カード



ハゲタカカード



1〜10 と−1〜−5までのカードがあります!

数字が自分のポイントになるので、高いカードを手に入れてマイナスのカードは受け取らないようにしましょう!

メビウスゲームズ
¥1,730 (2024/04/23 23:15時点 | Amazon調べ)

「ハゲタカのえじき」の遊び方

STEP
準備

数字カードを色ごとに分け、各プレイヤーに配ります。

5人以下で遊ぶ場合、余った色の数字カードは使わないので箱に戻しておきましょう。

ハゲタカカードを裏側のままシャッフルして山札を作ります。

STEP
ゲームの流れ

このゲームでは山札からめくられたハゲタカカードを、手持ちの数字カードを使って競り落としていきます。

各プレイヤーは手札の数字を一斉に出して、その数字の大きさでハゲタカカードを競り落とすのですが、ハゲタカカードには「プラス」と「マイナス」の2種類が存在し、それぞれの競り落とし方も異なります。

それぞれの競り落とし方は以下の通りです。

ハゲタカカードが1〜10の場合

1番大きな数字を出したプレイヤーがハゲタカカードを受け取ります。

1番大きな数字を出したプレイヤーが複数人いた場合、次に大きい数字を出したプレイヤーの物になります。

ハゲタカカードが-1〜-5の場合

1番小さな数字を出したプレイヤーがハゲタカカードを受け取ります。

1番小さい数字を出したプレイヤーが複数人いた場合、次に小さい数字だしたプレイヤーの物になります。

ハゲタカカードを競り落とすのに使った数字カードは繰り返し使う事ができないので、他プレイヤーの出したカードも参考にしつつ、出す数字カードを考えましょう!

山札のハゲタカカードが無くなるまで競りを続けていき、全てのカードがなくなったらゲームが終了します。

ゲームが終了したら手持ちのハゲタカカードの数字を足していき、1番得点が多かったプレイヤーの勝利となります。

「ハゲタカのえじき」のレビュー

今回は「ハゲタカのえじき」をレビューさせていただきました。

ハゲタカのえじき」は自身の手札だけでなく、相手の出した手札なども覚えておき、場に出ているハゲタカカードをいかに上手に獲得できるかが勝利の鍵となってきます。

高得点のカードに高い数字を使うのもいいですが、他のプレイヤーと点数がバッティングしてしまうとせっかくの高い数字が流れてしまうため、他のプレイヤーとの駆け引きも生まれます。

数字の取り合いというルールですが、このバッティングがあることにより戦略性が生まれるため、相手の出す手札を予測したりと心理戦の一面も持ち合わせています。

ルールも覚えやすく、これからボードゲームを始めてみたいという方にもお勧めしたいゲームとなっております。

是非みなさんも「ハゲタカのえじき」をプレイしてみてください!

以上、お読みいただきありがとうございました。

メビウスゲームズ
¥1,730 (2024/04/16 21:38時点 | Amazon調べ)
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次